カーペットの素材の種類について

カーペットはリビングなどの広い部屋以外にも台所や玄関など、生活する様々な空間でしようすることができるインテリアアイテムです。そのカーペットにも多くの種類があり素材なども色々あります。まず一般的に多い素材として天然繊維とされるウールになります。人気が高く多くの種類を作る際に使用される素材の1つです。次に科学繊維や合成繊維などです。合成繊維であれば代表的なのがBCFナイロンなどがあります。そのほかにある素材としては、アクリルやポリエステルなどで作られた物もあります。使用されている素材によって、インテリアとしての見た目や特徴なども変わったり、生活の中での効果などにも様々な特徴が現れます。その為、実際どんな素材で作られたカーペットを使用したいのか、しっかり特徴を知った上で選ぶようにするのがポイントです。

カーペットを機能と特性で素材を選ぶ方法

カーペットは生活の中のインテリアとしても活用できますが、様々な機能や特製があるのでその効果を期待して使用する人はとても多いです。代表的な素材としてはウールやアクリルにポリエステルとBCFナイロンです。それぞれの素材ごとに特徴や機能は事なるので、それらをしっかり把握したうえでカーペット選びに活用するのがよいです。まず生地の強さの場合ですが、物をおいても生地が傷まずへこみ跡が出ない物はウールやBCFがおすすめす。防虫や虫食いといったトラブルなどに強い物を選ぶのであれば、アクリルやポリエステルが優れています。タバコの吸い殻などの焦げ跡など、燃えにくい素材を選びたい場合はウールやアクリルなどになります。冬など静電気が気になる場合はBCFがおすすめです。このように希望とする機能や性能によって向き不向きがあるため、しっかり把握して選ぶようにするのがよいです。

カーペットのウール素材の特徴について

カーペットは多くの家庭で使われているアイテムの1つです。作る際に使用される素材として多い物としてウールがあります。ウールの大きな特徴として、強力な弾力性があります。天然の羊の毛なので、天然のクリンプがあり他の素材にはない優れた回復力があります。重い家具などをおいていても、つぶれずに跡になりにくいです。そのため、気持ちの良い肌触りがながく継続されます。またウール自体の表面には皮膜があるため、汚れにくいという特徴もあります。もし汚れてもクリーニングすればすぐに汚れはおちクリーニング効果もとても高いです。天然だからこそ静電気が起こりにくいという点もあります。また優れて保温性もあるため、冬は暖か可う過ごせる心強いアイテムの1つとなります。燃えにくいという特徴もあり、他の素材よりも優れた機能性をもったウールのカーペットは人気が高いです。