BCFナイロンで作られたカーペットの特徴について

BCFナイロンとはあまり聞き慣れない素材ですが合成繊維の1つです。特徴としてナイロン繊維のような特徴を多く含んでおり、弾力性や回復力がとても強くカーペットを作るために専用に作りだされた繊維といえます。ウールと同じように弾性回復力に優れており、潰されていても跡が付きにくく繊維がすぐに回復する特徴があります。ほかには摩擦にとても強いという点です。摩擦に対する耐久力が強いので、リビングなどの机のしたや子供部屋などにおくと、その効果が発揮されます。合成繊維独特の特徴ともいえるのが、毛玉ができず抜け毛などもない点です。カーペット自体からの埃が発生しないため、掃除がとても簡単に行うことができアレルギーなどがある人にも安心して使用できる素材となります。虫やカビといった防止効果も完全な抵抗性をもっているので、小さいお子さんがいる家庭におすすめといえます。

アクリルで作られたカーペットの特徴について

日本で多く販売されているカーペットの中で、種類が豊富なのが合成繊維であるアクリルで作られた物になります。合成繊維ですが、とても手触りはふっくらとしてろいウールに似た手触りに仕上がります。さすがにウールには劣りますが、十分な保温性や弾性があります。ただしおなじBCFナイロンの合成繊維とは違い、遊び毛や毛玉などが発生します。なので綺麗な状態を保つためには、こまめに掃除をすることがおすすめです。他の特徴としては虫の防止やカビの防止には優れている特徴があり、色鮮やかなものがとても多いという点があります。その為、インテリアとしておく場合に多種多様な種類の中から選ぶことができます。自分自身の部屋のインテリアに合わせたデザインのものを見つけやすいです。他の素材に比べて安価なものも多いため、多くの人が購入するタイプのカーペットになります。

ポリエステルで作られたカーペットについて

カーペットを作る際に使用される素材として、あまり多くはありませんがポリエステル製のものもあります。特徴としては摩擦に非常に強く吸収性が低いという特徴があります。摩擦と吸収性を考慮して食卓のテーブルの下などに使用するのが理想です。机を動かしても傷になりにくく、料理をこぼしてもスープなどの水分も吸収されないので掃除が簡単です。防虫や防カビ効果なども優れた素材ですが、素材の特徴から色自体にあまり深みが無い物が多いです。そのためカーペットしてインテリアを考慮するのであれば、あまり明るい感じには向いていません。またナイロン素材と比べても、使用しているとすぐにへたってしまうのも早い素材なので、カーペット自体の種類はとても少ないです。ただしポリエステル独特の表現された色合いが好きだという人には人気のある素材の1つでもあります。